おうちがすき。
毎日のんびり 楽しく暮らす
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンディの旅立ち
桜の花が満開を迎えようとしていた先週金曜日、私が高校生の頃から実家にいた
猫のキャンディが約18年の生涯を終え、天国へと旅立ちました。

キャンディ

キャンディが実家へやってきたのは平成4年。 
父の知り合いの方からもらわれてきました。
お嫁入り道具は1袋のキャットフード、名前が書かれた首輪、それとお手紙。
そこに 「好きな食べ物は甘い物」 と書かれていたのが面白かったっけ…。
キャンディは入ってくるなり、当時うちにきたばかりのもう1匹の子猫のエサの場所へ
スタスタと向かい、食べだしたのには驚かされたなぁ。 みんなキョトンとして。(笑)
あの日家族になってから約17年、私が成人式を迎えた日も、大学を卒業した日も
お嫁に行った日も、帰省した時も、いつだって側にいたキャンディがもういないなんて
まだまだ実感がないし、もう会えないと思うとたまらなく寂しい。
だけど、猫の18歳は人間にすると96歳。 本当によくここまで長生きしてくれました。

キャンディときなこ

キャンディは外にいるのが大好きで、よく玄関脇の手すりの上や車の上に乗って
外の景色や路行く人を見ていました。
とっても人懐こく、白い毛並みと青い瞳が綺麗な猫で、たくさんの人にに可愛がられ
誰からも愛される癒し猫でした。

キャンディ

それからひなたぼっこが大好きで、必ず日が当たる場所を陣取って昼寝していました。
ぽかぽかの特等席にいる時、何度無言で退かされたことだろう。(笑)

キャンディ ひなた、発見。

キャンディ  キャンディ  キャンディ
「そこ譲ってもらえません?」  「お願いしますよ、ね?」    「・・・ZZZ・・・」
 
半年くらい前から腹水が溜まってしまい、何か腫瘍みたいなものもあるようだと
お医者さんに言われていたみたいだけど、年齢的にも体に負担をかける治療はせず
必要な時にだけキャンディの持った力を助けてあげるという方法をとっていました。
ずっと食欲もあり元気にしていると聞いていたけれど、水曜日くらいに食べられなくなり
点滴と注射を打ってもらいました。
見込みがあるのならば翌日には回復へ向かうと言われていたけれど、残念ながら
回復へ向かうことはありませんでした。
母から電話で様子を聞いていて、1分でも1秒でも長く生きていてほしいと思ったけど
これ以上どうにもしてあげられないのなら、せめて最後は苦しまずに逝けるように…と
祈ることしかできませんでした。
4月3日20時45分、ほとんど苦しむことなく穏やかに旅立ったと、連絡がありました。
そして翌日、母が育てたビオラの花びらに囲まれて、日当たりのいい庭の芝生の下で
永い眠りにつきました。

キャンディ

天国の一歩手前には 『虹の橋』 と呼ばれる場所があるという。
今頃は大好きな陽だまりでお昼寝しているのかな。
キャンディのことだから、きっといちばんいい場所を見つけて陣取っているはず。(笑)

キャンディ、皆にたくさんの幸せを運んできてくれて本当にありがとう。
今はまだ悲しくて思い出す度に涙が溢れてしまうけど、何も心配しなくていいからね。
安心してゆっくりおやすみ。
またいつか、虹の橋で会えるまで…おやすみなさい。


『虹の橋』  原文:作者不詳 日本語訳:ノラのママ

天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
地上にいるだれかと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。
そこには、草地や丘がひろがっていて、
動物たちはいっしょになって走ったり遊んだりすることができる。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく、快適に過ごしている。
病気にかかっていたリ歳をとったりしていた動物たちは、
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物たちも、
もとどおりの丈夫な体を取り戻す。
過ぎ去りし日の夢の中でのように。

動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。
それぞれにとって特別なだれかが、
あとに残してきただれかがいないのを
寂しく感じているのだ。

動物たちはいっしょに遊んで時を過ごしている。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていく。
あなたを見つけたのだ。
とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友の頭と体をふたたび愛撫する。
そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ。
あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、
心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。

それから、あなたたちはいっしょに『虹の橋』を渡るのだ。


スポンサーサイト
センチメンタル
明日から今月のお仕事期間が始まります。
いつもは友達に会う楽しみもあって、そんなに苦じゃないんだけど今月は…

先日、会社が理解不能な方針を打ち出した為に、殆どの人が辞めていくという
緊急事態が発生しているのです(泣)
もともと離職率の高い職場だけど、ここ数ヶ月は落ち着いて安定していたのに。
私の同期も残ってるのは私だけ。
ほぼ同時期に入った子たちも残っているのは3人で、そのうち2人は今月で終了。
どんどん見送らなきゃいけないって、すごく寂しい…(; ;)
それでも、仲が良い子と2人居たら何とかなるよね♪って言ってたんだけど…
今日、そのお友達と会って衝撃の事実が。 
家庭の事情で夏にお引越しが決定 (。>_<。) 
家はそんな遠くないからいつでも会えるけど、職場はかなり遠くなってしまうので
さすがに通うのは厳しそう… とうとう来る時が来たかぁ~、、

辞めても友達であることに変わりないし、いつでも会えるんだから問題ないけど
「毎月会社に行けば当たり前に会えた」 時間が無くなるのがすごく寂しい。
学校を卒業する時の気持ちに似てるかなぁ。
卒業したって友達なんだけど、毎日学校で会えないのが寂しい、みたいな。
まぁ、その友達とは、お互いの家の中間点あたりで一緒に職場を探そうかって
話になってるんだけど(笑)

だけど、実は恐怖のXデーが明日に控えています。
旦那さんの人事異動。
諸事情で4月じゃなく7月になって、それが明日発表。
たぶん今年は動かないだろうって言ってるけど、蓋を開けてみるまでは何とも。
もし辞令が出たら今月中に引越しなんだもんなぁ…
当たり前に過ごしてる日常が突然変わってしまうって、やっぱり辛い。
新しくできた友達、こちら在住の友人・知人… もう少し一緒にいたいなぁ。
あと半年でも1年でも、できるだけ長く。 
どれだけ時間が経ったって、ここを離れる時はきっと泣くのだろうけど。
そんな事を考えてたら、すごく寂しくなって、しんみりしてしまいました。

こちらへ越してくる時には想像もしていなかった感情に、それだけ今が
友人たちに支えられて楽しく生活しているんだなー…と実感した1日でした。

思うコトバ
最近、ちょっと詩にハマってます。(o^-^o)

今まで詩ってあんまり興味を持ったことがなかったんだけど
本屋さんで何気なく手にとったのがきっかけ。

お友達ブログで、『冷静と情熱のあいだ』 が話題に
なってたから辻仁成が目にとまったのかな。
それか、題名に何か惹かれるものがったのかも。

 『ここにいないあなたへ』 辻仁成

そして、たぶんこれは確実に題名で惹かれたに違いない

 『一日の終わりに思うあなたのこと』 唯川恵

店頭でパラパラと見て、迷わず買ってきました。

どちらも恋したがことある人なら、誰しも共感できる内容だと思います。
小説とは違う短い言葉が、ひとつひとつ心に沁みてくる感じ。
言葉になってるのを見て初めて 「あぁ、そうそう、そういう気持ちってある」
って思ってみたり (゚~゚o)

読んだ後は心がほんわかします♪
やっぱり言葉って大切ですね。

20060522230345.jpg

それぞれから、お気に入りを少しだけご紹介します。

 ここにいないあなたへ
 波の音を聞きながら、何十キロもある浜辺を歩いたよ。
 ふと足元を見ると、数えきれないほどの石が落ちていた。
 数えきれない石。
 不思議なのはあんなに石があるのにさ、ぼくのことを呼ぶ石があるってこと。
 「拾ってよ、拾ってよ」って声がするんだ。
 見ると、綺麗な石が落ちている。
 すっと手を伸ばして拾い上げたんだけど、その確率ってどれくらいだと思う?
 これだけの石の中から、ぼくがたった一つのその石を拾い上げる確率のことだよ。
 何億、或いは何兆もある石の中からたった一つを拾い上げる確率。
 その石はぼくに拾われたことによって、飛行機に乗って、
 都会に出ていくことになるかもしれないんだからね。
 そんな石がいったいどれほどあるだろう。
 偶然にしては凄すぎる。
 まるでぼくとあなたがこの宇宙で出会った確率のようだ。
 だからぼくはこの石があなただと思っているよ。
 掌の中に包んで大切にしている。
 通じるかな。あなたの許へ。             『ここにいないあなたへ』 より 『石』


 約束。
 それはそれまでの日々を、
 相手のことを考えて過ごすということ。       『一日の終わりに思うあなたのこと』 より 『約束の定義』

 笑われてもいい。
 私の望みはひどくシンプルなもの。
 本当に好きな男と結婚する。
 一生をともにする。
 ただ、それだけのこと。                『一日の終わりに思うあなたのこと』 より 『私の望み』


センスナサスギ。
首都圏でイヤってほど見かけるマンションのCM

 シアワセスギ。
 ヨクバリスギ。
 ムサシコスギ。   ※首都圏以外の方へ…ムサシコスギは地名です。

関西でもないのに、こんな3段オチみたいなキャッチで
おもろいやん♪って注目していたんだけど… 
(お友達ブログではこのオチを考えて遊んでいた

今日入っていたチラシのキャッチが変わっていた!!

 オヒサマスキ。
 ナガメガスキ。
 ムサシコスギ。

・・・

ちょいと無理矢理でないかい?
「~スギ」 ならまだヨシ。
もはや 「~スキ」 に変わってるしっ
中を開いてみると

 ミドリガスキ。
 オウチガスキ。
 リョウリスキ。
 トウキョウスキ。
 ヨコハマスキ。

・・・ヤケクソですか? ┐( ̄ヘ ̄)┌

なんか、うちのブログタイトルとも被ってるし。
どうやら第2期販売開始でキャッチも変わったと見える。
いや、実は前からこれも使ってたのかな?
それにしても、これはどうなんだろう… (-"-)
イタイ仕上がりやわ。。。

名言。
ネットでウロウロしてたら、こんな言葉を発見 (゚~゚o)

 男の恋愛は  「名前をつけて保存」
 女の恋愛は  「上書き保存」


これって、かなり的を得てると思いません?
個人差はあるけどね~。一般的にね。



プロフィール

オトメ

Author:オトメ
気ままな専業主婦。
2011年2月、ママになりました。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



今までの記事数

全タイトルを表示



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。