おうちがすき。
毎日のんびり 楽しく暮らす
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗への情熱
とうとう、この季節がやってきました ♪食欲の秋♪
私の場合、四季を通じて食欲にはあまり変化ナシなのですが…。(笑)
この季節は美味しい物が店先にたくさん並ぶので、食べる事も勿論だけど
お料理するのも楽しい季節であります。(^^*)

特に毎年私を虜にする秋の食材、それは 「栗」 
自他共に認める無類の栗好きなので 「栗拾い&栗ご飯&渋皮煮」 は
我が家の秋の定番です。 なのですが…。 
今年はどうも栗に対する情熱が薄く、店先で栗を見つけても反応はイマイチ。
剥くの面倒だなぁ とか 渋皮煮は時間かかるし… と思ってしまうのです。
旦那さんに言わせると 「それが普通の感覚」 だそうですが。 まぁね…。(笑) 
そういう訳で今年は栗拾いにも行かず、渋皮煮もお休みしました。

だけど、せっかくの栗の季節(←やっぱり栗好き)、栗ご飯だけは作りました。
栗ご飯に使うくらいの量なら、皮を剥くのもたいした手間じゃないし♪
熱湯に浸けておくと茶色い鬼皮がやわらかくなるので、あっという間です。
ただ、1ネット買ってくると栗ご飯1回分には多すぎるので、いくつかは茹でて
そのまま食べて、残りで栗ご飯を2回炊きました。
私はいつも 「剥いた栗に砂糖をまぶして冷凍」 しておいて栗ご飯にします。
ずっと前に何かで見た手法で、こうすると栗が黄色くほっくり甘くなるそうです。

栗 凍ったまま、砂糖がついたまま、炊飯器へ

私の定番の栗ご飯は、シンプルに塩・酒・昆布だけを入れたものですが
今回は舞茸とシメジを加えて、炊き込み風な栗ご飯も作ってみました。
舞茸とシメジの食感を残すように、きのこ類だけ別鍋でさっと煮て、その煮汁で
ご飯を炊いてから仕上げにきのこ類を混ぜる…という一手間を加えてみたけど
シンプルな方が美味しいかも~。 ま、そんなモンですわな。(^^;)

栗ご飯  栗ご飯  Simple is Best!

スポンサーサイト
サバケチャ
和風とも洋風とも言いがたい、何とも不思議な味付けが癖になります。
鯖の定番、味噌煮に飽きたらお試し下さい♪
Cpicon はるこばあちゃんのサバケチャ

サバケチャ

レシピ内にも書いてあるけど、美味しく作るコツは
「しっかり小麦粉をつけて、こんがり焼くこと!!」
魚の皮ってちょっと苦手なんですが、先に焼く事で気にならなくなります。
鶏肉の皮と同じ手法ですね。(^^)v

それから、面倒だけど骨はきれいに全部とっておくこと。
私は、最初から3枚におろしたものを買ってきて(2枚おろしだと面倒なので)
残りは骨抜きで抜いてます。 これだと大して時間はかかりません。
少しの手間で食べやすさが全然違うので、ここは頑張りポイントです。(笑)

サバ

富士サファリパーク
先日の連休は、富士サファリパークへ行ってきました。
カナダでの野生動物探しといい、ハワイやモルディブでのシュノーケリング三昧といい
ここ数年、なんだかあちこちで動物ばかり追いかけ回している気がします。(笑)
そういや去年はマザー牧場や鴨川シーワールドにも行ったな…。(^^;)エヘ
だけど動物を見ると無条件に童心に帰れるから、純粋に楽しいんですよね~♪
小さい頃はあの臭いがダメで動物園って好きじゃなかったけど、人間変わるものです。

まずまずの時間に出発したので途中で渋滞にはまることも無く、10時頃には現地到着。
それでもジャングルバスのチケットは既に売り切れでした。 ひぇ~~~、、、
私たちは最初から自分の車でまわるつもりだったからいいけど、みんなすごい気合だわ。
ゲートを抜けて、こちらでは超有名なCMソングを口ずさみながらサファリゾーンへ。
2車線になっているので、流れに乗って進んで行くと私達は右側のレーンになりました。
となると、助手席側からは近くに動物が見えない…。 むぅ…。(--)
そこで私だけ後部座席に移動♪(←33才) 左右に動いて楽しんでおりました。(笑)
園内はさすがに車が多くて、いわばずーっと渋滞状態。
しかも、ノロノロ進んでやっと動物がいる場所に来ても、「停まらず進んで下さーい!」と
常に道路脇に待機してる係員の人が言ってるような状態。 これが…ちょっとストレス。
ちょっとくらいノンビリ見させてくれぃ~~~!! 

そんなストレスを知ってか知らずか、動物さん達は超リラックスモード。
みんな寝てばっかりでヤル気ゼロ。 もうちょっとサービスお願いしますよー。

クマ  ライオン  トラ
寝る                  寝る!                 寝る!!

トラに至っては、こんな姿になっちゃって…。 猫?
トラ

たまにはこういうのも。
半分寝てるけどね…。 なんでこんな道の近くで寝ようと思ったんだろ?

ライオン 近すぎちゃってどぉ~しよ~♪ byテーマソング 

ちょっとテンション上がったのは、目の前を鹿が横断して行った時。
これ!この鹿! カナダで探してたエルクの雄じゃないですか!!
ここでリベンジできるとは…。 ちょっとラッキー☆

シカ ちょっと通りますよー ごめんやっしゃー

あれよあれよと言う間にサファリは終わり。
なーんか呆気なかったけど、こんなもんかな…。
そこから個人的に楽しみにしていた動物さんのところへ。

ワオキツネザル

ワオキツネザル!(≧▽≦)
TVでマダガスカル特集を見てすっかり虜になったワオキツネザル、見たかったの~♪
真剣に 「マダガスカル行きたい!」 と訴えていたほどであります。
地球の裏側まで行かなくとも、わりと近くにいました。(笑)
ちなみにワオキツネザルの名前の由来は 
「輪尾キツネザル」 であって 「Wao!キツネザル」 ではありません。 
通る人通る人(特に子供)、その発音だったので笑ってしまいました。 ワォ!って…。
ここには 「バオバブの木っぽいもの」 もあって、ちゃんとマダガスカルっぽくなってました。

バオバブ う、うさんくせー… 

そして、カピバラさん!(≧▽≦)
おぉ~思ってたとおり 「ぬーん」 とした感じで満足満足。

カピバラ のすのす 

カピバラさんの隣には餌をあげられるヒツジさんが。
実に上手に食べる様が旦那さんのツボにはまったらしく、喜んで延々と餌をやってました。

ヒツジ おや? あなたは鶴瓶師匠じゃないヒツジさんですね。(笑)

他にもモルモットやウサギと触れ合えたり、ミニチュアホースやカンガルーがいたり。 
ここの“ウリ”はサファリパークだけど、それ以外の所の方が楽しかったような気がします。
それにしても動物さん達は、もう少し涼しくなったらもっと動いてくれるのかな? 
もう秋なんだけどねー。 

カンガルー  子ライオン 
だれまくりのカンガルー          赤ちゃんライオン可愛すぎ~ 

パエリアの作り方
近頃おでかけの記事が続いてたので、ここらで久しぶりにお料理のレシピでも。

我が家の定番になりつつあって、最近はお客様にも出しているパエリア。
もとのレシピは昔お料理教室で教えてもらったものですが、何度か作るうちに
少しずつ手抜きになり、材料も適当になり…。(笑)
その手抜きレシピの中でも、今日は一段と手を抜いて作りました。(^^;)
…が、意外にこれが美味しくできたので、その作り方を紹介したいと思います。
本当に簡単な上に洗い物も少ないので、ちょっとお疲れの日でもラクラクです♪
30分もあれば片付けまで余裕で出来ますよ~。

パエリア

材料
 ・米 1.5合
 ・玉ねぎ 1/4個
 ・にんにく(チューブのもの) 小さじ1
 ・オリーブ油 大さじ1
 ・シーフードミックス(冷凍) 適量
 ・いんげん 適量
   ※具は他にアサリ等、種類も量も好きなだけでいいと思います
   ※彩りもピーマンやパセリ等、何でも冷蔵庫にあるもので

 ・コンソメスープ 330~350cc
 ・トマトジュース 100cc
 ・塩    小さじ1/8
 ・サフラン(粉末) 小さじ1/8
   ※サフランはなくても全然問題なし 入れるとかなりパエリアらしい味になります

下準備
 ・玉ねぎはみじん切りにする
 ・コンソメスープ・トマトジュース・塩・サフランを混ぜておく
 ・シーフードミックスは解凍しておく
 ・いんげんは塩茹でして適当な長さに切っておく

作り方
 ・フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて中火にかける
 ・香りが出てきたら玉 ねぎを入れてサッと炒める
 ・混ぜておいたスープ類を加えて沸騰させる
 ・米を加えて(洗わずそのまま)時々全体を混ぜながら中火で2分沸騰させる
 ・シーフードミックスをのせ、蓋をして弱火で15分炊く
 ・いんげんをのせて更に弱火で約2分、パチパチ音がしてきたら出来上がり


*おまけ*
ごはん繋がりで、先日友達が来た時の子供用ランチ。 

とりさん ほのちゃん

ケチャップライスと卵で型抜きしただけの簡単なものですが
想像以上に喜んで食べてくれました。 よかった(≧▽≦)
こういう見た目に可愛いプレートを作るのって楽しい~♪
今度は自分たち用にお子様ランチでも作ってみるかな。(笑)


向日葵の会
昨日は、旦那さんの会社の人たちの飲み会に参加させてもらってきました♪♪♪
メンバーは偶然再会した高校の同級生を含む、以前うちに遊びに来て下さった方々。
ご主人がお寿司屋さんをされている方がいるので、そのお店へ行ってきました。
旦那さんは何時に来れるかわからなかったので、私は別で皆さんと待ち合わせをして
ちゃっかりお先に始めさせていただきました。(笑) 

冷静に考えると不思議な関係ながら、毎度すんなり馴染ませてもらってます。(^^)v
私もだんだんあの会社の人間関係(の裏側?)に詳しくなってきたなぁ…。
と言っても、常に変なあだ名トークなので本人に会っても繋がらないと思うけど。(笑)

そして、生ものは苦手…とか言ってたけど、お寿司もお刺身もすごく美味しかった!
やっぱりちゃんとしたお寿司屋さんの魚料理ってすごいなぁ~って勉強になりました。
特に煮魚! 私もあんな美味しい煮魚を作れるように頑張ってみよう。

あと、最近体調を崩していた同級生の彼の元気な姿も見れて安心しました。
初めて再会した時も思ったけど、昔のイメージと本来の姿のギャップが本当に大きい。 
今はお互い大人になったからっていうのも多少あるけど、もっとちゃんと話をしていれば
高校時代も仲良くなれていただろうなーって残念に思います。
もう一度高校時代に戻れたら…なんて、同級生話ができたのも楽しかったです。
いろいろやり直したい事があるのはみんな同じなのね。
もし今高校生に戻れるとしたら… まずはGくんのイメージを崩しますか。(笑)

次は忘年会かな? 向日葵でも会社近くの居酒屋でも、どこでも参上いたします。
よかったらまたうちにも遊びに来て下さいね。 楽しみにしていまーす♪

<やっぱり珍道中、なオチ。>
少しお酒が入っていたのもあり、乗車時間が長かったのもあり(約1時間)
帰りの電車では最初の数分は話をしていたものの、その後2人して爆睡。
ハッと気づいた時には、既に最寄り駅を過ぎてました。
上りの電車は既に終わっていたので、3駅先からタクシーで帰る羽目に。
電車から降りてタクシー乗り場に向かうのが妙に手慣れてる旦那さん。
なるほど、いつもこうやって寝過ごしてタクシーで帰って来てる訳ですね…。

>Gくんへ
パキラについて
私がいつも参考にしてるサイトで調べてみました。
私のつたない説明ではまだまだ疑問も多いと思うから参考にしてみて♪
http://www.yasashi.info/ha_00020g.htm
何なら切った上部分をうちに持ってきてくれてもいいよ。
とか言って見事に失敗したりして~(笑)

夏の旅行 -大自然 その4-
前日の強行軍が体に堪えながらも(三十路夫婦)、もうバンフ最終日となった3日目。
そこそこ早い時間に起きて、朝イチで廊下にある製氷機へ氷を取りに行った旦那さん。
そこで事件(?)は起こりました。
廊下に銃(しかも長くてデカイやつ)を持った武装警官が4~5人いて帰されたらしい。
こんな田舎町の旅行者が泊まるようなホテルに武装警官なんて、ほんまかいな…。
「製氷機の場所がわからなくて氷GETならず、の言い訳説」(笑) も浮上したけど
いつもはとことんマイペースな旦那さんがここまで動揺するのは尋常じゃない、と判断。
旦那さんは、外にパトカーが停まっていてそこに同じ格好をした人が居る、と言うけど
身長の関係で私の視界からは確認できず。( ̄∩ ̄#
その後、身支度を整えて2人して恐る恐るドアを開けて出てみたけど…なーんにもない。
外は相変わらず平和な雰囲気のリゾート地でした。 
結局のところ何だったんだろう? やっぱり嘘か?(笑) それとも幻???

前日のトラブルに続き、そんな騒動で始まった3日目は、バンフ近郊を散策しました。
最初に向かったのはバンフから10㎞ほどにある人造湖の 「ミネワンカ湖」
ここは多くの野生動物に出会えるスポットだというので、朝から湖畔をのんびりお散歩。

ミネワンカ湖
やっぱり朝の湖は気持ちいい~♪
水際の小道を歩いていくと、またもやリスさんに遭遇! テンション一気にUP↑↑(笑)

リス
何ですか?!このぬいぐるみみたいなシチュエーションは! 可愛いすぎる~(≧▽≦)
ここはあちこちにリスがいて、人に慣れてるのか油断してるのか、こんな無防備な姿まで。

リス  リス
のびのび、ゴロゴロ、こんな姿のリスを初めて見ました。
そして極めつけのサービスショット。 たまらんです…( ̄- ̄*)

大物には出会えなかったけど、このリスさん達で大満足。
ベンチでコーヒーを飲んで休憩して、次へ向かったのは 「サルファー山」
話してるうちに 「次、サル山行っとく?」 とか、名前変わってましたけど。(笑)
ここもバンフの街中から車で5分程の近場。
ゴンドラに乗って標高2281mの山頂へ。

サルファー山
少し雲ってるけど、バンフの街やロッキー山脈の景色は素晴らしかったです。

山を下って次に行ったのは 「カスケードガーデン」 という公園。
バンフへ戻る途中にあって、通りがかりにちょっと寄ってみたら車も停められたので
ぐるっと一周お散歩してきました。

カスケードガーデン

色とりどりのお花に芝生、遠くにはカナディアンロッキー。 なんて贅沢なロケーション!
もっと時間に余裕があれば、ここに転がってテイクアウトのランチとかしたかったなぁ。
花と言えば、バンフの街は花がいっぱいで、ホテルや店の前には必ずと言っていいほど
でっかい寄せ植えのハンギングが吊るしてあります。
これが自分では思いつかない色の組み合わせだったりして、とても新鮮でした。
今後のガーデニングの参考にさせてもらおうっと♪

ハンギング  寄せ植え  寄せ植え

最後に行ったのは、これもバンフから車で5分程の近場にある 「ボウ滝」
ボウ滝

マリリン・モンロー主演映画「帰らざる河」のロケ地として有名らしいけど…
コンディションが良くなかったですね。

その後は車を返却して、歩きでバンフ市内をぶらぶらと。
お土産を買ったり食事をしたりして、最後のバンフを堪能…と思ったけど
翌日の事を考えて、早めにホテルへ戻って、荷物を詰めて早めにベッドに入りました。
そんなカナダ最終日。 
だって、翌日は朝4時に出発だったんだもの。(泣) どんだけ過酷な旅行やねーん!!
この頃にはもう2人とも相当ヘロヘロ。 でもまだまだ、ここでへばっていられません。
最後の2日はラスベガス! いざ眠らない街ラスベガスへ!! (大丈夫か?)
 
夏の旅行 -大自然 その3-
さて。 
野生動物さんとの出会いで盛り上がって、すっかりいい時間になってしまったけど
ここからが2日目観光の本番。

まずは目標到着地だった 「マリーンレイク」 へ。
ここはスピリットアイランドという小島が幻想的な雰囲気だと聞いていたのだけど…。
到着した感じは普通の湖。 車を停めて案内図を見て愕然。
このマリーンレイクはとっても大きくて、車を停めた場所から見える所はほんの一部。
スピリットアイランドへは船に乗らないと行けないのは知ってたけど、見えもしない!
チケット売り場へ行ってまた愕然。 
1回のクルーズの所要時間90分!!( ̄□ ̄;)ガーン
時間も相当押してたし、今後の予定、バンフまで戻る時間を逆算したら…とても無理。
仕方なく湖畔で休憩して諦めました。
曇り空だったので美しい景色にも出会えず残念…。

マリーンレイク ひとやすみ

気を取り直して次に目指したのは 「アサバスカ滝」
来る時に標識を見ていたので油断してたら、なんと通り過ぎてました。 30㎞ほど。
私が運転していたので言い訳をさせてもらうと、カナダの道路標識はとっても見にくい!
近くにある観光地の案内がこんな標識なんですもの。 
茶色に黄色って、どうして? しかもこの字の大きさ、英語とフランス語の2ヶ国語表記。 
これを運転しながら一瞬で解読するなんて無理~ (。>_<。)

標識
しかもこれを見逃すと何十㎞も全く標識というものがありません。 
通り過ぎた事さえ気づかないのです。(涙)

だけど、しぶしぶ引き返して到着したアサバスカ滝は、たっぷりのマイナスイオンと
森林浴でとても清々しくて、ちょっと元気になりました。

アサバスカ滝

元気を取り戻して、どんどん行くぞー!と次に向かったのは 「コロンビア大氷原」
すでに雪上車の運行時間は終わっていたので、雪原の近くまで車で行って
ちょこっとハイキング?散歩?プチ登山?をしました。

雪原  雪原
こんなに明るいけど、実はもう夜の8時頃。 
9時半くらいまで明るかったので、こんな強行スケジュールが組めたのですが
夜の8時にこんな所を登ってる事が妙に不思議で面白かったです。(^^;)

ここで、とうとうやってくれました。
嬉しそうに雪原の上を歩いていく旦那さん、ぬかるみにズボッとはまりました。
足首まで。(笑)
おかげでホテルのバスルームで靴を洗う羽目になりました。 もちろん私が。(-"-)

38歳のマヌケっぷりを笑いながら帰路へ着くと(靴がドロドロなので私が運転だし…)
今度こそ本気の大事件発生!!

ワイパー
ワイパーが取れました。

最初から車がボロっちいのはわかっていたけどっ
たしかにそこは最初確認してなかったけどっ
普通取れるかぁ~?(しかも丸ごと)
運悪く、取れたのは運転席側。 
そして夕闇はせまり、遠くに見える不穏な雲の気配…。 怖い!怖すぎる~!!

夕焼け 

そして嫌な予感的中。 しばらく走ると雨が降ってきました。
明るいうちはまだ雨足も弱かったので、何とか水をはじきながら走ってたのですが
日暮れと共に雨は豪雨、そして雷雨に。
そうなったらもうワイパーなしでは走行不可能。 街灯もない真っ暗な山道でありえなーい。
どこが路肩だか見極めるのも困難になってきたので、恐々車を端に寄せて雨宿り。
結局30分くらい停まって止むのを待ってたけど、なかなか止まないし、雷は光りまくるし 
バンフまではまだ200㎞程もある…。 まさにトホホ~。(泣)
少し雨が弱くなったところで運転を交代してもらって、そこから先は何事もなく走れましたが
雨の中、成す術なく待ってる間は生きた心地がしませんでした。 無事に帰れてよかった…。

そんなこんなで、カナディアンロッキー2日目はヘトヘトになって終わったのでした。

秋にむけて
今年の夏は暑かった上に、最近は旅行やら何やらかんやらで
管理人業がおろそかになっていたベランダガーデニング。
その上、雷雨やらゲリラ豪雨やら、ずっと変な天気続き…。
最近やっとこさ昼間は天気が回復してきたので、重い腰を上げて
終わりを迎えた夏仕様の草花を一掃しました。
秋~冬のガーデニングに向けて準備です。(^^)

 まずは枯れたり萎れた草花を抜く
  ↓
 残った土をふるいにかけて根っこ等を取り除く

ここまでするのも結構面倒なのですが、今回は土のメンテナンスをしました。
古い土についている病気や虫の卵なんかを殺す為の消毒です。

 黒いゴミ袋に古い土を入れて霧吹きでまんべんなく湿らせる
 (今回は量が多かったので、ジョウロで水をかけて袋をモミモミ~)
 しっかり口をくくって直射日光の当たる場所へ置いておく

このまま真夏なら1週間、冬場なら1ヶ月くらいで消毒完了らしいです。

さてさて、これで涼しくなるのを待って再びガーデニングができます♪
何を植えるか…またまた悩ましいなぁ。(笑)

多肉ちゃん
ついでに多肉ちゃんも整理して植え替えました。 
ずーっと伸び放題で放置してたから、やっとスッキリ。

多肉ちゃん
多肉ちゃんは、適当な所で切って土に挿せば、簡単に仕立て直しができます。
ただ、切り口が腐らないように、切った後数日は乾燥させる事だけお忘れなく~

ピンクリボン
旅行記にはまだまだ続きがあるのですが (なんせ、かなりの珍道中)
最近思ってもなかった事が起こっていたので、まずはそちらのお話を。

先月、仕事が終わって暇になったので、何気なく人間ドックを受けました。
そして先日、その結果が郵送で送られてきたのですが、そこに衝撃の結果が。
昔から健康優良児だったワタクシにまさかのE判定!!( ̄ロ ̄lll) 
この判定は異常なしがA、進むにつれて基本的に悪くなっていく6段階。 
ちなみにEは 「要再検・要精密検査」 一番悪い項目です。(Fは経過観察)

引っかかった項目は乳腺エコー。
婦人科検診は前にも受けたけど、乳腺エコーは今回が初めて。
結果、乳腺に腫瘤を発見されてしまったのでした。
この結果を見た時、最初は何が何だか意味がわからなかったのですが
だんだん理解するにつれて恐怖感倍増…。 かなり凹みました。
とにかく再検査を受けるべく予約の電話をしたところ、ここでまた衝撃が。
先生から直接お話がありますので、まずはお越し下さい」 と。
そんな事言われたら怖すぎるんですけどー…。(涙)

泣く泣く病院へ行って再検査を受けたところ、どうやら悪いものではないらしく
このまま様子を見て、3ヶ月後にもう一度検査を受けることで落ち着きました。
はぁ…まったく…寿命が縮まる思いでした。 
いやしかし、実際に寿命が縮まってなくて本当によかったです。(^^;)

この記事を読んでくださっている年頃の女性で、最近乳ガン検診を受けてない方は
ぜひとも近いうちに一度検査を受けてみて下さい。 何事も早期発見が肝心です!
それから、乳がん検診でよくある 「触診」 は検査のうちに入らないと思います。
今回も触診では何も引っかからなかったので、早期発見の為にはエコーorマンモ!
乳腺の発達している20~30代はエコーの方が有効だそうですよ。
痛い痛いと噂のマンモはちょっと怖いけど、エコーは簡単に受けられるのでぜひ。
 ↑私はそんなに痛くなかったです。 イテテテ、くらい。
  ただ、引っ張って・伸ばして・挟む、という有り得ない事をされます。(笑)




プロフィール

オトメ

Author:オトメ
気ままな専業主婦。
2011年2月、ママになりました。



カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



今までの記事数

全タイトルを表示



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。