おうちがすき。
毎日のんびり 楽しく暮らす
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗拾い
すっかり秋の恒例行事になりつつある 「栗拾い」 に行ってきました。
こちらへ越してきてから3年、気付けば毎年行っている伊勢原の三岳園さん。
こちらは主にみかんを栽培されていて、栗拾いはあまり宣伝されていないのだけど
なぜか偶然見つけて、それからというもの、すっかり常連になってしまいました(笑)

まだ残暑が厳しくて栗拾いっていう感じじゃないけど、すでに栗は時期真っ盛り!
早いものは9月の初旬から拾えるそうで、危うく時期を逃してしまうところでした~。

20070923224809.jpg  20070923224826.jpg
イガは青くても、こんなに栗が♪

今日、お客さんは私たちだけ。 貸切で栗拾いを満喫させてもらいました♪
いや~、棒を持ってつついたり叩いたり (もちろん許可をもらって、ですから 笑)
童心にかえって、かなり楽しかったです(^▽^)

で、拾いに拾いまくって、気付けばこんなことに。

20070923225544.jpg

4㎏ありましたッ!!! どんだけ~(笑)
まぁ、渋皮煮を作るつもりで大目に拾うつもりではいましたが。 4㎏って!
1㎏600円なので600×4=2400円。 栗に2400円…。
だけど、大粒でつやっつやの見事な栗がこのお値段は安い。 (しかも楽しい)
渋皮煮以外にも茹でたり栗ご飯にしたりして、存分に味わわせていただきます♪

栗拾いの後は、三岳園のお祖母ちゃんお手製のお漬物とお茶をいただきながら
あれやこれやと話し込み、途中でお饅頭まで出してもらって(笑)、茄子や胡瓜
極早生みかんをお土産にもらって園を後にしました。
いつも本当にアットホームで、何だか親戚の家に遊びに行ったような気がします。
次は11月あたり、今度はみかん狩りで行こうかな♪

帰りはそこからすぐ近くの鶴巻温泉へ寄り道してきました。 
前から気になってたけど、行ったことなかった鶴巻温泉。 初・鶴巻温泉!
感想は… 小田急の駅前で温泉情緒は全くないけど、近くて手軽に行けるので
まずますといったところでしょうか。 
泉質は透明・塩苦味・ぬるめ。 泉質でいくと、個人的には七沢温泉の方が好きかな。
それに七沢は、あの怪しい雰囲気・謎のパラダイス感がなんとも言えないので(笑)

謎といえば… 今日行った鶴巻温泉は、露天風呂が妙に深かった!
普通に座ったら溺れてしまいそうでした。 正座してちょうどいいくらいの深さ。
でも正座って、ねぇ…。 お風呂で溺れそうになったのは初めてです(--;)
男湯も同様だったようで、「あの深さの意味は?」 という疑問が残ったのでした。

さて、明日は栗と格闘! 頑張るぞ~!!

この記事に対するコメント
いいなぁ♪
栗ひろい楽しそう♪
栗4キロって結構な量よねぇ。
栗ご飯、好きやけど、剥くのが大変なんよねぇ。
オトメちゃん家は、栗剥き器とかありそうやなぁ。
勝手な想像やけど、何でも揃ってそう。
【2007/09/25 09:38】 URL | ゆいママ #QLx3d8Js [ 編集]


>ゆいママちゃん
栗4キロ、なかなか手強かったわ…
うちのキッチン、たしかに色々揃ってるかもー(笑)
でも栗剥き器はないの。
一度試しに使わせてもらったことがあるんやけどイマイチで…。
結局、熱湯につけてナイフで剥くのが一番早くて楽だという結論に。
4キロも剥いたから、スーパーで売ってるネット分くらいやったら
あっという間に剥けるようになったよ(^^;)
【2007/09/26 21:07】 URL | オトメ #fFMSxj56 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://otome1204.blog60.fc2.com/tb.php/381-c8dae01b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

オトメ

Author:オトメ
気ままな専業主婦。
2011年2月、ママになりました。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



今までの記事数

全タイトルを表示



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。