おうちがすき。
毎日のんびり 楽しく暮らす
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら鏡開き
ちょうど鏡開きの頃に帰省していて、そのまま例のインフルエンザで
長期滞在となったので、我が家の鏡餅はそのままになっていました。
もう2月なので、そのままにしておくのもさすがに忍びなく…
本日鏡開きをしました♪(遅ッ)

鏡開きと言えば、やっぱりぜんざい。(関東ではお汁粉と言いますね)

ぜんざい 今日の餅は燃えませんでした(笑)
 
いつか作ってみようと小豆を買っていたので、初めて豆から作ってみました。
黒豆とか金時豆とか煮豆を作る要領かな~と思ってたけど、実際はもっと簡単!
自分で作ったら甘さ控え目にできるし、豆の味もしっかりしてやっぱり美味しい♪
材料費だって、小豆なんて安く売ってるからとーっても安上がり。
こんなに簡単に作れて美味しいなら、いつでもまた作っちゃおうと思います。(^^)

<作り方>
・小豆は水でさっと洗う
・鍋にたっぷりの水と小豆を入れて強火で沸騰させ、一度お湯を全部捨てる
・小豆が水面から出ないように水を入れ(適量)、弱火で軟らかくなるまで煮る
・砂糖(小豆の重さの50%~80%くらいが目安)を数回に分けて入れる
・塩少々を入れて一度そのまま冷ます(冷ますことで味がしみます)
・焼いたお餅の上に温めたものをかけて出来上がり

気をつけることは、砂糖を入れるのは豆が軟らかくなってから!!それだけです。

この記事に対するコメント

私も小豆から煮てぜんざい作る!
でも、私ぐらいしか食べないから
時々71円ショップ行って(隣の駅にあるんですよ!100円ショップにあるようなものが
71円で・・・)缶詰の小豆買ってくる!

ちなみにお汁粉はこし餡のように粒が無いやつを
こちらでは言うみたい!
でもうちはつぶのある“ぜんざい”だよ!
【2009/02/02 22:25】 URL | 向日葵 #- [ 編集]


>向日葵様
缶詰のあずきを使ったぜんざい!
昔アルバイトしていた某ファミレスは、つぶあん+水をレンジでチンして
ぜんざいとして出してましたよ~(^^;) 
だけど、これが意外とちゃんとしたぜんざいになるんですよね。(笑)
それにしても71円ショップって、お得感ありますねぇ♪

お汁粉とぜんざいの違い、私は昔から粒の有無で区別してるのですが
Kちゃん&Kちゃん実家では今回作ったようなものをお汁粉と呼びます。
まぁ、あえて粒のないタイプをわざわざ家で作ることはないと思うので
どっちの呼び方でも同じものを指すということでいいや~と。(笑)
【2009/02/03 22:58】 URL | オトメ #fFMSxj56 [ 編集]


小豆美味しいですよね

じゃ向日葵での飲みの席にデザートは
71円ショップで購入した小豆が出てくるかなあ(笑)

私も小豆は煮ます
ぼた餅も作ります
私は粒あんのおはぎだと思っていたら
主人はぼた餅です
【2009/02/05 22:13】 URL | チームTG #- [ 編集]


>チームTG様
小豆、私も大好きです♪
豆の類は年を重ねる毎にどんどん好きになる気がします。
そういや、ぼた餅とおはぎは粒の有無で区別されてるんでしたね。
どちらがどっちだったかすぐ忘れてしまうのですが。(笑)
牡丹の季節(春分の日)にはぼた餅、萩の季節(秋分の日)にはおはぎ
それだけは昔から妙に頭に残ってます。何でだろう?

次回向日葵での飲み会に71円ショップの小豆出てきますかね?
楽しみにしておきましょうか♪(^^*)
【2009/02/08 21:59】 URL | オトメ #fFMSxj56 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://otome1204.blog60.fc2.com/tb.php/537-f34bc321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

オトメ

Author:オトメ
気ままな専業主婦。
2011年2月、ママになりました。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



今までの記事数

全タイトルを表示



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。