おうちがすき。
毎日のんびり 楽しく暮らす
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1本から9本に
我が家のリビングでのびのび・すくすく育っている観葉植物のディフェンバキア
結婚のお祝いで頂いて、グングン伸びて天井に到達(!)したので、植替えをして
1本から3本になっていました。 →1回目の植替え時
そこから芽が出て更に茎が伸び、ある日とうとう支えきれなくなってこんな姿に…。

限界 ビヨーン

ポキッと折れず、ここまでしなるのも根性です。(笑)
しばらくは添え木や紐でくくったりして凌いでたけど、さすがにもう限界っぽい。
そしてもう1本の方も…またしてもエアコンに到達したので、そろそろ植替え時。

エアコン到達  間もなく天井

大きいので大変ですが、意を決して植替え&仕立て直しをすることにしました。

前回はチョキンと切って挿し木にするという豪快な方法をとったけど(チャレンジャー)
冷静に考えると枯れるリスクも高いので、今回は安全に 「取り木」 にしました。
取り木とは、幹(茎)に傷をつけて水苔を巻き、発根させてから切って植える方法。
この状態↓で約1ヶ月。

植替え準備 乾かないように管理します
 
準備に時間がかかるけど、失敗して枯れちゃったら嫌なので慎重に慎重に~。
とか言いながら、最初の1本は傷のつけ具合がわからずポキッと折ってしまいました。
が、こちらも切り口に水苔を巻いておいたら見事に根っこが出ました。強い!!

折れた枝 やってしまった…

根っこが出た状態のものが6本できたので、4本仕立てと2本仕立ての2鉢に。
背の低いこんもりとした形に生まれ変わりました。(^^)
部屋の中が青々して、だんだん南国?ジャングル?みたいになってきましたが。(笑)

こんなに…

やれやれ、1本も枯れることなく植替え完了♪
取り木をした後の株はもう処分しようと思いつつ、何となく捨てられずにいたら…。
新たな株が誕生!(゚□゚*)ナニーッ 
増やすか迷ってるうちにグングン成長し、更に切った茎からも芽が!

ひょっこり  ひょっこり プラス3本

ど、どんだけ強いんやー…。すごすぎ。
ここまで育ってくれたらとても捨てることなんてできず、更にもう1鉢増えました。(^^;)
根元(土の中)から出てきた、まるで白ネギのような新入りさん。(笑)
末っ子の角みたな2本は水苔で発根中。
無事に根っこが出たら2本仕立ての足元にでも植えますかね~。

白ネギ?  プラス1

この元気モリモリな一族は一体どこまで増えるんでしょう…?
これ以上増えたら困るほどになってきたけど、植物が元気なのは多分イイ事♪
そろそろ真剣に増やさない方向で、可愛がって育てたいと思います。(笑)
 
この記事に対するコメント

オトメんちの子はほんとに強いよね!!!
7月に頂いてきた子、元気にはっぱがでてくるけど
オトメんちのジャングルを見てるせいかいまいち不安が・・・
毎日家族で見つめすぎかしら?
でも、他の植物に比べて明らか成長がはやくてかわいい子だねv-10
オトメ邸に私の宿泊場所がないくらい増殖してきたら・・・
うちに里子にだして~
いつでも大歓迎です♪
【2009/10/06 12:57】 URL | りん。 #- [ 編集]


>りん。ちゃん
ほんと、この子はなんでここまで元気かなぁ。(^^;)
りんちゃん家に行った子たちも同じ素質アリだからねー(笑)
そのうち無謀なほど大きくなってくると思うよ!!
あの客間をうめつくすほど増殖…それは大変っっっ
えーっと、毎年5~6本ずつ送っていい?(笑)
【2009/10/09 13:10】 URL | オトメ #fFMSxj56 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://otome1204.blog60.fc2.com/tb.php/610-801f6560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

オトメ

Author:オトメ
気ままな専業主婦。
2011年2月、ママになりました。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



今までの記事数

全タイトルを表示



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。